2014年4月20日日曜日

最新の近視矯正用眼内レンズ「ホールICL」 厚生労働省の認可取得

2014年3月、「ホールICL」が厚生労働省の認可を取得しました。
これにより「ICL(アイシーエル)」「ホールICL」ともに、その安全性と効果が厚生労働省に認められたことになります。(ICLは2010年に認可取得)

ICLについて、詳しくお知りになりたい方は 神戸神奈川アイクリニック のホームページをご覧ください。

神戸神奈川アイクリニックのプレミアム アイデザインレーシック

2014年3月10日月曜日

【確定申告】レーシックの医療費控除

【確定申告】レーシックの医療費控除

確定申告の時期がやってきました。
サラリーマンや主婦の方の中には、確定申告は関係ないと考えていらっしゃる方もいるのではないですか?

実は、昨年レーシックを受けた方は、確定申告で医療控除を申告することによって税金が一部戻ってくる場合があります。
ですので、該当の方はぜひ申告しましょう!

*国税庁ホームページより引用
眼科医に支払う治療費等
Q2

 眼科医で治療を受けるために支払う次の費用は、医療費控除の対象となりますか。

1 視力回復レーザー手術(レーシック手術)の費用
2 オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)の費用
3 眼鏡の購入費用

A2

1 視力回復レーザー手術(レーシック手術)とは、角膜にレーザーを照射して近視や乱視などを治療し、視力を矯正する手術のことです。
 この手術は、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります。
2 オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)とは、近視などの角膜の屈折異常を特殊なコンタクトレンズを装用することにより、屈折率を正常化させて視力の回復をさせるものです。
 この治療も、眼の機能それ自体を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められます。
3 近視や遠視などのために日常生活の必要性に基づき購入されるものは、視力を回復させる治療の対価ではないので、医療費控除の対象とはなりません。
 しかし、例えば、斜視、白内障、緑内障などで手術後の機能回復のため短期間装用するものや、幼児の未発達視力を向上させるために装着を要するための眼鏡などで、治療のために必要な眼鏡として医師の指示で装用するものは、医師による治療の一環として直接必要な費用ですので、医療費控除の対象となります。

(所令207所基通73-3)

2014年3月6日木曜日

2014年4月より、手術費用の改定をいたします。 神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニックでは2014年4月より、手術費用の改定をいたします。

3月中に手術のご予約をいただき、4月末日までに手術を受けられる場合は、現在の手術費用を適用いたします。
とのことです。 →神戸神奈川アイクリニックのレーシック無料適応検査

詳しい新料金については案内がされていませんが、消費税増税の件もありますし、
おそらくは値上げになるのではないかなと思います。

レーシックを考えられている方は、今のうちに予約しておくのが懸命かもしれませんね。

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

2013年10月4日金曜日

本田圭佑選手がレーシック手術で失敗?実際は術後1年で視力1.5をキープ 「週刊ダイヤモンド」

『本田圭佑選手がレーシック手術で失敗?実際は術後1年で視力1.5をキープ』というタイトルの記事が「週刊ダイヤモンド・オンライン」で公開されました。

レーシックについて、インターネットで検索すると様々なデマ情報が出てくることがあります。

本田選手についても、レーシックに失敗したのではないかという情報がインターネットに出ておりましたが、この週刊ダイヤモンドの記事を読めばそれが全くの嘘であることが分かります。

また、サッカー選手以外にもプロ野球中日ドラゴンズの井端選手が以前レーシック失敗という根も葉もない噂が流れておりました。
これについても、井端選手が書いた著書「勝負強さ」にて

『目の病気で苦しんでいたとき、レーシックが原因なのだと取材もせずに 報じるメディアもあったが、レーシックとは関係なかった』

とはっきりと書かれています。


インターネットには様々な情報がありますが、しっかりと見きわめていきたいものですね。
今回、週刊ダイヤモンドでインタビューをしている安田医師が所属するSBC新宿近視クリニックは、レーシック以外にも、最新の『リレックス』治療も行っており、眼の総合クリニックとして安心して受診することができますよ♪

レーシックおよびリレックスの適応検査は無料ですので、公式ホームページからお申込みください。
SBC新宿近視クリニック

2013年9月21日土曜日

東京近視クリニックの 青山勝 医師の品川近視クリニックスケジュール

閉院しました東京近視クリニックの青山勝院長の品川近視クリニックでの診察スケジュールが決まりました。

青山院長による術後検診は毎週水曜日に品川近視クリニックで行うこととなった模様です。

ほかにも情報が分かり次第、当ブログにアップしていきます!

レーシックの名医・青山勝先生の診察が受けられる品川近視クリニックはこちら↓
レーシック

9月20日発売「週刊現代」の眼科医が選んだ目の名医 北澤世志博 医師 (神戸神奈川アイクリニック)

9月20日発売「週刊現代」の眼科医が選んだ目の名医に、神戸神奈川アイクリニックの北澤先生が選ばれました。

神戸神奈川アイクリニックの北澤世志博先生は、1991年より屈折矯正手術ピーアールケー、1996年よりレーシックを行い、45,000症例以上を実施。
とくにICL(アイシーエル)/フェイキックIOLの症例数では日本一であり、エピレーシック、ラセックでもトップクラスの症例実績を誇る眼科専門医です。
また、内眼手術の経験も豊富で、白内障手術でも15,000症例以上の実績を誇ります。

今週号の『週刊現代』では、北澤先生監修の「眼の構造や老眼の仕組み、レーシックや老眼などの矯正・治療方法」などが紹介されています。

神戸神奈川アイクリニックは、北澤先生を始めとして経験豊富な『眼科専門医』がレーシック手術を担当し、術後のアフターケアもしてくれます。

レーシックを受けるクリニックは、しっかりとしたサポート体制と経験豊富な『眼科専門医』のいる病院を選びましょう。

神戸神奈川アイクリニックのレーシック適応検査は無料です。

ホームページから予約できますよ↓
レーシック疑問

2013年9月11日水曜日

ホリエモンこと堀江貴文さんがレーシックを受けた神戸神奈川アイクリニック

ホリエモンこと堀江貴文さんがレーシックを受けた神戸神奈川アイクリニック

ホリエモンがレーシックを受けたのは2年前!
現在の視力と眼の調子はいかがなんでしょうか???

気になるインタビューの様子が、神戸神奈川アイクリニック公式ホームページに掲載されています。

ちなみに、ホリエモンが受けたのは神戸神奈川アイクリニックの『プレミアムアイレーシック®』

現在では、その進化改良型の『プレミアム アイデザインレーシック』が主流になりつつあります。
この『プレミアム アイデザインレーシック』はサッカー選手を始め、プロスポーツ選手が数多く受けたレーシック手術として話題にもなりましたね♪

神戸神奈川アイクリニックのレーシック無料適応検査予約はホームページからどうぞ。

神戸神奈川アイクリニック