Facebook

2012年6月24日日曜日

アイデザインレーシック iDesign LASIK

レーシック 視力回復

最近、話題になっているアイレーシックの2012年最新型『アイデザイン(iDesign)レーシック®』

プレミアム アイデザインレーシック®は、プレミアムアイレーシック®をさらに進化させた完全オーダーメイドの視力矯正手術です。

ウェーブスキャンの機能を上回る「iDesign(アイデザイン) アドバンストウェーブスキャン」を使用することにより角膜形状解析度がさらにアップし、角膜の歪み(高次収差)が大きい方にも対応可能なレーシックです。より精度の高い見え方をお求めの方やこれまで強度の不正乱視でレーシックが受けられなかった方特におすすめです。

世界No.1シェア!VISXレーザー1,500万症例×イントラレース400万症例
世界No.1の実績と最高のレーシックテクノロジーを持つアイレーシック®
「iDesign アドバンストウェーブスキャン」で、さらに優れた結果を導きます。

精度が5倍に!より優れた結果と自然な見え方を実現!


プレミアム アイデザインレーシック®は、プレミアムアイレーシック®をさらに進化させた完全オーダーメイドの視力矯正手術です。

近視や乱視だけでなく角膜の高次収差(わずかな歪み)まで矯正するこ とにより、見え方の質を向上させるのがアイレーシック®の特徴でしたが、プレミアム アイデザインレーシック®では高次収差の測定ポイントが従来のアイレーシック®と比べて5倍と格段に増加した事により、さらに人間が本来持つ“自然な見え方”を実現出来ます。
手術中に眼球の動きやズレを補正して照射するシステム(Iris Registration)も、従来のアイレーシック®より格段に進化したことにより、さらなる矯正精度と安全性の向上が期待出来ます。
厚生労働省も認めた高い安全性
アイデザインレーシック®は、その高い安全性から厚生労働省から認可を受けています。

オール・イン・ワン・レーシック


従来のレーシックでは、近視の度数を測る機械、角膜の形状(不正乱視)を測る機械、眼球の歪み(高次収差)を測る機械で別々に計測し、それぞれのデータを統合して手術データを作成する必要がありましたが、「iDesign アドバンストウェーブスキャン」ではこれらをすべて1つの機器で一度に測定し、コンピューターが最適な照射プログラムを作成します。

これにより、より安定性の優れた結果が得られます。


神戸神奈川アイクリニックキャンペーン

0 件のコメント:

コメントを投稿