Facebook

2013年9月11日水曜日

品川近視クリニック『飛蚊症レーザー治療』開始のお知らせ

品川近視クリニックで新たに『飛蚊症レーザー治療』が開始されましたのでお知らせします。

飛蚊症は、今までレーザーによる飛蚊症治療は日本で行っておらず、高額な渡航費を払い、アメリカなど海外でしか受けることができませんでした。一般的に海外で受ける場合、60万円~120万円掛かるといわれています。
品川近視クリニックでは、欧米で約30年もの間行われているこの飛蚊症レーザー治療を、安心して受けて頂けるよう、日本で初めて導入しました。

そもそも飛蚊症ってどんな病気なの???
視界に糸くずや黒い影、視点を変えると、それが動き回るように感じ、特に白いものや空を見た場合によく見えます。
多くの場合加齢などにより自然発生します。

飛蚊症発症のメカニズムとは?
目の中は、透明なゲル状の硝子体(しょうしたい)という物質で満たされています。硝子体の成分は時とともに変化し、一部にしわのようなものができます。すると、この部分が濁ってその影が網膜に映り、視野の中で黒い点のように見えるのです。
また、網膜剥離など、病気が原因となっている場合もある為、しっかりとした検査と診察が必要です。

品川近視クリニックの『飛蚊症レーザー治療』!!!
飛蚊症の原因となるシワや濁りに照射し、分散させることにより症状を軽減させます。
メスや器具で直接目に触れることがなく、眼の組織を傷つけ難いので、他の飛蚊症治療に比べ、格段に安全です。治療は1回あたり30分程度で、治療後、すぐにお帰り頂けます。

レーシックだけではなく眼の総合診療機関として品川近視クリニックはオススメですよ♪

レーシック

0 件のコメント:

コメントを投稿