Facebook

2013年10月4日金曜日

本田圭佑選手がレーシック手術で失敗?実際は術後1年で視力1.5をキープ 「週刊ダイヤモンド」

『本田圭佑選手がレーシック手術で失敗?実際は術後1年で視力1.5をキープ』というタイトルの記事が「週刊ダイヤモンド・オンライン」で公開されました。

レーシックについて、インターネットで検索すると様々なデマ情報が出てくることがあります。

本田選手についても、レーシックに失敗したのではないかという情報がインターネットに出ておりましたが、この週刊ダイヤモンドの記事を読めばそれが全くの嘘であることが分かります。

また、サッカー選手以外にもプロ野球中日ドラゴンズの井端選手が以前レーシック失敗という根も葉もない噂が流れておりました。
これについても、井端選手が書いた著書「勝負強さ」にて

『目の病気で苦しんでいたとき、レーシックが原因なのだと取材もせずに 報じるメディアもあったが、レーシックとは関係なかった』

とはっきりと書かれています。


インターネットには様々な情報がありますが、しっかりと見きわめていきたいものですね。
今回、週刊ダイヤモンドでインタビューをしている安田医師が所属するSBC新宿近視クリニックは、レーシック以外にも、最新の『リレックス』治療も行っており、眼の総合クリニックとして安心して受診することができますよ♪

レーシックおよびリレックスの適応検査は無料ですので、公式ホームページからお申込みください。
SBC新宿近視クリニック

0 件のコメント:

コメントを投稿