Facebook

2016年12月7日水曜日

レーシックで失敗するとどうなっちゃうの? 体験者に聞くリアルな話

レーシック手術の失敗例を知った上でレーシック手術を行う人は行うべきです。ある一定の割合で手術が成功しない人はいます。また、クリニックの選び方次第でもその割合は変わってくるかと思われます。レーシック手術に潜んでいるリスクについて紹介していきたいと思います。

レーシックの失敗について知りたい!
レーシックについて!
レーシックの失敗について
レーシックの失敗の種類とは?
レーシックの失敗の症状とは?
レーシックの失敗の体験談
レーシックを失敗しないために!
レーシック手術を受ける前に…
レーシックの失敗について知りたい!
レーシック手術とは失敗のリスクも少なく安全な手術だという方がいます。果たしてそうなのでしょうか?リスクは少ないだけで完全に安全な手術などありません。レーシックは一時日本でブームなような現象が起きました。私の友人でも多くの方が受けています。

しかし、私は調べていくうちにレーシック手術を断念することにしました。少しでもリスクがあり、そのリスクである後遺症が重い場合があるからです。今からレーシックにまつわる話をさせていただきたいと思います。決していい話だけではありません。

レーシックについて!
手術で視力を矯正するレーシックとは!?
人間の眼球にある水晶体はレンズの役割をしているのはご存知の方も多いはずです。外部から入ってきた光はこのレンズを通し、屈折して、網膜に像を結ぶことにより、視覚認識が行われます。焦点を合わせるときに、水晶体の膨らみや虹彩の伸び縮みで調整しますが、この機能がうまくいかなくなってくると、近視や乱視などの症状が発生してしまい、視力が低下するのです。

レーシックは角膜の部分を薄く削ることにより、屈折率を変えて、今まで焦点を合わせることができなかった視力をくっきりと見ることができるようにする手術のことです。焦点を合わせる働きの水晶体や虹彩は正常な状態に戻すのが難しいために、レンズ自体の屈折を調整することによって、視力を飛躍的に向上させることができるのです。

もちろん効果には一定の個人差があります。しかし、「視力0.1の患者が1.5にまで回復した」、というケースも見られます。レーシックは1時間程度の施術で済みますし、入院の必要もない成功率も非常に高い手術だという方もいます。
レーシックの費用の相場と手術後の保証について
レーシック手術の平均的な費用は両眼で20万円から30万円と言われているそうです。「たった数万円でレーシックが受けられる」という、うたい文句の業者も中にはあるそうですが、レーシック手術の相場費用を知っていればどこか不信なものを抱き、魅力的には聞こえてこないでしょう。

大手レーシック医院では10円万以下の術式もあるそうですが、重度の近視の人が数万円でレーシック手術を受けられると聞くと、まず、疑うべきだそうです。知名度の低いクリニックが「10万円以下でレーシックを受けられます」とうたっているのであれば、それは用心すべきだと言えます。あまりにも相場からかけ離れた金額だからです。

大手レーシック医院で手術を受けるのがベストな選択です。しかし、全員が大手レーシック医院で手術を受けることはできないでしょう。そこで知名度がないクリニックでレーシック手術をする方は、事前の情報収集を欠いてはいけません。事前の情報収集がなによりも大事で身を守ることにもつながると言えるのです。それをもとに安全性の高いクリニックかどうか判断し、レーシック手術を受けるのか決めるのです。誰しも、安全、安心なレーシック手術を受けたいでしょう。自分のためですから。

大手レーシッククリニックなどでは3年~5年、または、医院によっては数十年単位で再手術保障を設けているところがあるそうです。レーシックを受けた後に視力が一時的に回復しましたが、再度近視が進行してしまった。あるいは手術後数ヶ月がたっても、一向に視力回復進まないなどの場合は、一定期間中ですと無料で再手術を受けることができるという保障があるそうです。

しかし、注意しなければならないことがあります。レーシックはそう何度も手術を受けることができないということです。レーシックは角膜を削って、その上にフラップ(レーシック手術において、角膜を切り開くときにできるフタの部分)を作り視力を矯正する手術です。

そのため、すでに角膜はある程度削り取られており、十分に角膜が残っていなければ、再手術はできないのです。角膜を削る量を最小限に抑えられるような最新のレーシック手法ならよいのですが、通常のレーシックに数十年単位の再手術保障を付けるのは、現実的でないと言うことができます。

レーシック手術の後遺症で悩む、レーシック難民とは? 
レーシック難民とは、レーシック手術後に合併症(例えば、過矯正、重度のドライアイ、重度のハログレア現象(光の見え方が眩しく見える手術の後遺症)、角膜感染症)などの問題が生じた人たちで、適切な治療を受けることができず、放置されてしまっている人たちを言います。

レーシックを受けるためにお金を払ったにも関わらず、視力が改善するどころか上記の疾患を抱えてしまい、さらに治療もできないという角膜状況で、こうした人達が徐々に増えてきているそうです。

原因の多くは医師の技術不足や、角膜をミクロン単位で削ることができない古い施術機器の使用、クリニック側の衛生管理の問題がほとんどだそうです。

レーシック難民がなくならない理由
レーシック難民の問題は一体どんな理由、背景があるのでしょう。それは、十分な情報収集の不足があると指摘している人もいます。しかし、問題の直接原因は、あまりにも安価な費用でレーシックを提供する業者が最新の施術機器を導入していなかったり、衛生管理の面で不十分であったり、技術不足、研究が不十分であったりからではないでしょうか。

医療行為の内容を十分に医師から患者に伝えて、万が一の際の補償や再手術の契約する「インフォームド・コンセント」は現在の日本ではすでに常識となっています。特にデリケートな眼の手術の場合になりますと、医師と患者との間には十分なコミュニケーションが非常に重要となるでしょう。これも不十分であった可能性が考えられます。

また、レーシック手術を受けるのであればレーシックの仕組みや種類だけでなく、先程も書きましたが料金の相場や失敗例なども熟知しておきたいところです。レーシックは非常に安全性の高い手術という人もなかにはいますが、「どこのクリニックでレーシック手術を受けたところで同じだろう」というような安易な考えは持つべきではありません。

まずはレーシックについての自ら研究し、正しい知識を身につけた上で、より安全性の高いクリニックを選ぶべきです。また、再手術の困難さも十分知っておくべきでしょう。

レーシックの失敗について
1割弱の人が失敗したと思っている!?
レーシック手術前の視力は、もともと視力の悪い人が受ける手術なのですから、全員が0.5未満と考えられます。半分以上が0.1未満、つまり、ランドルト環を使った視力検査において、何歩か前に出て検査するという方々です。

レーシックの手術で全体の7~8割の人が1.0以上の視力に矯正できているという報告があります。しかし、その一方で、そこまでの視力回復に至らなかったという人たちもいるということです。

手術直後の視力が0.5未満より下である人は合計8%で1割弱の人にのぼります。この人たちは手術前と比較し視力が変わらなかったか、もしくはほとんど良くならなかったことになります。
半分弱がなんらかの症状を感じている!
気になる副作用についてですが、まず、レーシックの検査をした300人にアンケートを実施したところ、「副作用は特に感じていない」という人は300人中137人だったそうです。これは全体の半分弱です。逆に言ってしまえば、半分強もの人がなんらかの症状を感じているということになります。
レーシック手術をした人の1割は再手術!?
1度レーシックを受けた後、再度、レーシック手術を受けたという人はどの程度の割合いるでしょう。9割近くの人は再手術はしていないそうです。しかし、1割ほどの人が、再手術を行っており、理由として一番多いのは「視力が思ったほど、上がらなかった」ということのようですが、思った以上に多いと思います。

集団訴訟、レーシック訴訟とは?
特に特筆したいのが銀座眼科の感染事件です。銀座眼科の手術を受けた人たちの目の集団感染症事件です。患者たちは元院長らに対して集団訴訟、損害賠償請求を東京地裁で起こしました。

この原因は、フラップを作る「マイクロケラトーム」という器具を高温高圧の減菌機「オートクレーブ」で減菌することになっていたのを、元院長が従業員に対して「オートクレーブ」による減菌作業をやめさせ、代わりに自分がオゾン水だけで洗うように手順を変えたことが原因だといわれています。

元々は従業員の方は自主的に、手術の度に「オートクレーブ」を使って減菌作業をしていました。しかし、この減菌作業には15~20分もかかってしまい、その間「マイクロケラトーム」が使えなくなってしまうので、手術をすることが出来なくなります。

そのため元院長は一人でも多くの患者を手術したいがため減菌の手間を省いたのです。現在ほとんどのクリニックや眼科では、「マイクロケラトーム」のブレードなど、目に触れる部分は使い捨てにされているので、不衛生が原因の感染症の不安はないといわれています。

レーシックの失敗の種類とは?
衛生管理の不行き届きで感染症が発生する!
上記銀座眼科の元院長は「衛生管理の不行き届きの業務上過失傷害の容疑」で逮捕されたそうです。しかし、被害にあった方の眼が元の状態に戻ることは非常に難しいそうです。これからもアフターケアなど、してもらわないといけない人が多数いるのが現状だそうです。

レーシック手術は外科手術です。そのため、合併症の可能性などは常に発生します。まず、きちんと日本眼科学会が定めているガイドラインにのっとり、手術を行う必要があります。

そして、屈折矯正手術講習会を受講した眼科専門医のみが、衛生管理をきちんとした環境で、十分に消毒を行ってから、手術を行えば感染症が発生する確率は非常に低いといわれています。また、万が一感染症になったとしても適切な対応を施せば改善できると言われています。
適切視力が一番!過矯正で眼に負担増!
「過矯正」とは読んで字の如くですが「矯正し過ぎる」ことです。レーシック手術とは近視状態を矯正して、近視が無い状態にすることです。この手術で適正視力に調節がなされると良いのですが、その矯正が行き過ぎてしまうと、「遠視状態」になってしまいます。これを「過矯正」というのです。

簡単に言うと、近視状態の人が遠視になる程、矯正した状態のことです。床に焦点を合わせようとすると目に負担がかかり、無理に見ようとすれば、目の調節筋に大きな負担をかけ続けることにになります。レーシック手術で過矯正になるとこの状態が一日中続く事になり、それは罹患者にとってはとも負担に成ることなのです。
視力が変わらずによくならない!
レーシックによって視力が回復しても、手術後6ヵ月または1年以上経過して、再び近視化する場合があるそうです。この近視の戻りは、どなたに起こり得るか予測できないといわれています。

しかし、手術前の近視の程度が強い方ほど、近視化する可能性が高いといわれています。また、視力が手術によってもほとんど変わらない、良くならないという患者さんもいらっしゃるようです。
治療の手遅れにより失明の危機に!?
レーシックは眼の表面にレーザーを照射し、角膜の形を変えることで光の屈折力を調整し、視力を回復させる手術です。視力に影響する眼の奥の網膜や視神経にまで届かないため、眼科専門医が適切な方法で行えば、失明することはありません。

実際にあった患者さんのお話です。玉ねぎを目にこすりつけられるような痛みが続き、医者に相談しても、『大丈夫』とか『違和感は当然』とか突っぱねられたそうです。でも術後2ヵ月半経って右目がほぼ見えなくなったために検診をしてもらったところ、角膜ヘルペスと診断されたそうです。

角膜ヘルペスは発見初期であれば4~5日で治る病気ですが、このとき、患者さんのの角膜はすでに手遅れの状態だったそうです。

レーシックの失敗の症状とは?
めまいと吐き気
ある患者さんの話です。手術後、黒目に白斑が出たのですが一旦は視力は回復したそうです。しかし、一ヶ月経った頃から片目の視力だけ極端に下がっていったそうです。ついに手元が見えなくなるまでに視力が下がり、失明状態になってしまったそうです。そして同時に視界が真っ白で眩しく、吐き気やめまいを感じるようになってしまったそうです。

首や肩の凝り
レーシックの手術を受けることで、過矯正など目が見えすぎるようになったこと、また術後かなりのまぶしさ(ハログレア現象)を感じるようになったことから、首周りの筋肉のバランスが崩れ、首の筋肉に強い緊張が起こり、首が凝ることがあるそうです。

また、肩こりも、視力が関係している場合が大いにあるそうです。過矯正などで急激に視力が上がることは、眼だけではなく、首まわりや肩など身体にとって大きな負担がかかる場合があるそうです。

頭痛
レーシック後の頭痛の原因は、首の前側の筋肉を押すと頭痛が再現されるような場合は、筋肉の緊張が原因の頭痛と考えられるようです。

全身の倦怠感
レーシック術後の体の調子が悪く、首や肩周り、頭痛だけでなく、全身の怠惰感を感じてしまう方もおられるそうです。眼は脳と直接つながっていると言えます。眼の調節筋と自律神経は結びついているので、過矯正などの見え方次第では体調に大きく悪い影響があるそうです。

うつ症状
上記のような体調不良を繰り返し、治療のめども立たないことは患者さんを大きく悩ませる原因となります。体調不良が治らないことで希望が徐々に失い、うつ状態に入っていくそうです。

レーシックの失敗の体験談
■25歳男性
視力が右左で0.1以下に落ちてしまったためレーシック手術を受けることに男性の話です。手術直後は裸眼で見えるようになったそうですがが、術後3ヵ月が経過してから徐々に視力が低下し始めたそうです。半年後にはなんと術前よりも悪くなったということです。医師からは再手術を勧められ、再手術を受けることになったそうです。その結果、右左で0.5以上の視力に回復したそうです。しかし、時々視野がぼやけたり、焦点が合わないことがあるそうです。事故の可能性を感じ、車の運転を止めてしまったそうです。レーシック手術を受けて、失敗だったと思っているそうです。

■30歳女性
この患者さんの担当した医師がどうやら新米の先生だったようです。フラップ作成の過程でミスが生じ、その後のレーザー照射も失敗に終わったそうで、術後も視力の回復が見られなかったです。検診時に医師にそのことを指摘し続けていたのですが、私を担当していた執刀医が辞めてしまったそうです。

医療訴訟を起こそうにも、クリニックには顧問弁護士がいます。そして、このまま個人で争ってもどうしようもないと諦めたそうです。その方は結局、別の医院に行って再手術を受けることにしました。そのクリニックではやはり失敗しているということを言われたそうです。

■37歳男性
症例数が豊富で、レーシック手術を受けられるクリニックの中では日本でもトップクラスであるクリニックで施術を受けましが、過矯正になってしまい再手術を受けることとなったそうです。しかも、それも失敗し、コントラスト機能が失われたそうです。

レーシックを失敗しないために!
信頼できるクリニック選びを徹底する!
あなたが過矯正患者になりたくないのなら、「充分な安全値を考慮して手術を行っている」クリニックを徹底して選ばなければなりません。利益優先のクリニックも未だにあるのかもしれません。充分に安全性を考慮した手術を行っているクリニックにいかなければなりません。自分の信頼できるクリニックで手術をしてもらいましょう。
過矯正となるため、視力を求めすぎない!
なぜレーシックを「過矯正」に行うクリニックがあるのでしょうか。それには理由があります。レーシック手術が流行りだした頃、レーシック手術を受けて視力が2.0になる事が、素晴らしい考える風潮があったそうです。その為、クリニックが集客をする為の手段として、手術した多くの人が視力が2.0になりましたと宣伝する必要があったようです。

あるクリニックのHPです。視力2.0になった人の写真でいっぱいだったそうです。しかし、実際は視力が2.0というのは、少し、遠視気味に振れてしまっただけで「過矯正」となってしまう危うい視力なのです。

レーシック手術は必ずしも狙った視力にピッタリ合わせる事はできないのです。多少の誤差がでるものなのです。視力2.0を目指すと、その誤差が遠視気味に振れてしまうと「過矯正」となってしまうのです。安易に視力2.0を希望してはいけないといえます。

レーシック手術を受ける前に…
どうしてもレーシック手術をしたいという人はまず、レーシック手術というものがどういったものか、自ら研究しなければならないでしょう。失敗などの危険性をはらんでいることを十分理解しなければいけません。そして、手術の相場を知り、あまりにも相場とかけ離れたクリニックは避けたほうが無難でしょう。

そして、医師と十分に意思疎通を行い、手術に挑んでください。

0 件のコメント:

コメントを投稿