Facebook

2016年12月7日水曜日

レーシック手術の費用ってどれくらいなの?メリットとデメリットは?

視力が悪い人にとっては救世主のようなレーシック。いろいろなレーシックがあるのですがこのレーシックの気になる費用や、メリットとデメリットなど様々な疑問をしっかりチェックしていきましょう。

目次

レーシックとはどういうものなのか?レーシックの基本を知ろう
気になるレーシック手術の安全性は?危険性はないの?
レーシック手術の費用はいくらぐらい?
レーシック手術のメリットは?
レーシック手術のデメリットも知りたい!
レーシックとはどういうものなのか?レーシックの基本を知ろう
視力を矯正させる新しい治療方法として注目を浴びているのがレーシックです。難しい言葉で言うと角膜屈曲矯正手術の一つで、Laser in Situ Keratomileususの頭文字をとってレーシックと呼ばれているのです。
メガネやコンタクトレンズに取って代わる視力矯正法として近年とっても人気が出てきていますよね。このレーシックの一番のポイントは手術を受けると裸眼で生活ができるようになること。
視力回復手術としてどんどん普及してきており、技術も方法も向上してきています。

手術の概要としては、眼の角膜の表面を薄く薄く削っていきます。そしてフラップと呼ばれるものを作成していきます。そこをめくった部分にレーザーをあて、角膜を削っていきフラップを戻します。原理としては角膜が曲がっているところを削って戻すために近視が矯正されることになるのです。手術時間も短時間ですみ、最近はレーシックの費用も手が出やすくなってきています。

気になるレーシック手術の安全性は?危険性はないの?
手術自体は各国で認められた安全な手術とのこと
眼の角膜を削る手術と聞くと、やはり誰もが不安を感じるはず。
視力を回復できるとても素晴らしい手術ですが、眼の手術となると失明したらどうしようとか考えてしまうのも当然でしょう。
レーシックは、アメリカをはじめとして様々な国や学会などで安全性が認められている手術です。
日本では厚生労働省から認可を受けているきちんとした手術なのです。

注意するポイントはクリニック選び
しかし、手術はいつも確実に安全と言えることはありません。手術自体は安全ですが、クリニック選びを間違えてしまうと感染してしまったりするので注意が必要です。
手術は安全なので、その手術を行うクリニックによるところが大きいというのが実際のところでしょう。

レーシック手術は術後のケアも重要になるので、そういった点でも信頼できて衛生管理が行き届いているクリニックを選びたいものです。
手術してすぐにははっきり見えるわけではないですが時間の経過とともに完全に視力を回復できるようになるのです。

レーシック手術の費用はいくらぐらい?
レーシック手術を受けようと考えている人にとっては、手術費用は一番気になるところではないでしょうか。
この手術費用は実はクリニックによってかなりの差があります。
一般的には両目で約20万円から50万円程度となっているところが多いようです。
しかし、クリニック独自で様々なキャンペーンや割引などもおこなっているのでこういったものをうまく活用するとけっこう安くレーシック手術を受けることができます。
安さだけで選ばないで!
ここで注意したいのは安さだけで選ぶことは避けること。
安く受けられるのはもちろんいいことですが、その分衛生管理がしっかりしていなかったり細かいところで不安が出てくるところは避けたほうがいいでしょう。

レーシック手術にも様々な方法があり、もちろんその方法によって料金も変わってきます。まずはクリニックで検査をしてもらいどのような手術が適しているのか、そして大まかな見積もりを出してもらうと良いでしょう。

レーシック手術のメリットは?
1番のメリットはやっぱり「見える」ようになること!
レーシック手術のメリットは、視力が回復し他の視力矯正が不要になることと言えるでしょう。メガネにコンタクトレンズなどに掛かる費用やケアなどを考えると、レーシック手術一度でその煩わしさから解放されると仮定すれば、それだけでも手術を受けることを考慮する価値はあるのではないでしょうか。
裸眼でも一定の視力が必要な職業でも何の問題もなく就業することができますし、細かい作業や運転なども裸眼でなに不自由なくできるようになるのです。
メガネやコンタクトにかかる費用を解消
コンタクトレンズやメガネに掛かる費用も長い目で見るとけっこうな出費となります。レーシック手術を受ければそのときのまとまったお金のみで実際には安く済ませることができるのも見逃せません。

レーシック手術のデメリットも知りたい!
初期投資がハードルに
いいことだらけに見えるレーシック手術。しかしそんなレーシックにもデメリットはあります。まず一番のデメリットとしては、初期費用がかかること。やはり数十万円の費用は普通にかかってきますので、決めるまでにはなかなか決心がつかないことも。
100%の安全性が保証できるわけではない
そしてクリニックによって結果も左右されることも覚えておかなければいけません。レーシック手術の症例件数が多くて信頼できるところを選びましょう。

術後の数ヶ月間ではドライアイやハログレア現象といった合併症が起こることもあります。この合併症は時間が経過すれば自然に治るのですが、それまではやはり不安を感じる人も多いでしょう。安全性が高いと言われているレーシックですが、歴史はまだまだ浅いので十分なデータがまだないため効果がどれだけ持続するのかなどのデータが不十分なこともデメリットといえるでしょう。
レーシックは、視力回復にはとても効果がある安全性の高い手術です。しかし、クリニックによって費用も技術も差があることから、手術を受けることを考えている人はじっくり調べておきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿